地方銀行は資金調達の融資だけでなく、中小企業支援にも取り組んでいます。

 

銀行融資の審査を受ける男性

資金調達方法の王道といえば「銀行融資」でしょう。最大のメリットは、なんと言っても「金利が低い」ということです。

 

その反面「審査が厳しそう」というイメージをお持ちかと思います。

 

今回は銀行融資による資金調達について解説していきます。
また、神奈川県の地方銀行が取り組んでいる中小企業支援をご紹介してみたいと思います。

 

 

中小企業向きの「信用保証付き融資」

 

銀行の審査は厳しい傾向にあります。
銀行が独自の基準で直接審査を行う「プロパー融資」は特に厳しく、中小企業にとってとてもハードルの高いものとなっています。

 

実績も問われますので起業時の資金調達では、審査が通らないケースがほとんどでしょう。

 

中小企業が銀行融資を受ける場合、「信用保証付き融資」を選択することになるかと思います。
信用保証料と手数料が掛かってしまいますが、保証協会を通じることにより審査の難易度が下がり、中小企業などでも銀行からの融資を受けやすくなります。

信用保証付き融資のメリットとデメリット

 

しかし、中小企業が必ずしも「プロパー融資」を受けられないわけではありませんので、銀行窓口で相談したり、対策を講じてみてください。

 

「信用保証付き融資」のメリットとデメリットを、下にまとめてみました。

 

 

メリット
  • 融資審査が通りやすい
  • 返済が困難になった際、保証協会が代位弁済してくれる(例:経営者が死亡した場合など)
  • 連帯保証人は代表者のみで良い

 

デメリット
  • 信用保証料・手数料がかかる
  • プロパー融資と比べ金利が高い
  • 審査期間が長い(=融資までに時間がかかる)
  • 利用できない企業・業種がある

 

最も大きなデメリットは審査に時間がかかり、すぐには融資してもらえないことでしょう。
「つなぎ資金」など運転資金が必要な時や、緊迫性が高く急ぎで資金が欲しい時は、信用保証付き融資に頼らず、迅速性にも特化したファクタリングを利用したほうが賢明だと言えます。

 

 

「プロパー融資」を受けれる企業

 

プロパー融資は、銀行側にとってリスクのある融資になります。
なぜなら、融資先が倒産した場合には損失をすべて被ることになるからです。

 

そのため、プロパー融資では、銀行独自に設けられた厳しい基準により審査が行われます。

 

大手企業と比べて信用度が低い中小企業や起業して間もない会社に対しては、100%のリスクで融資するよりも、信用保証協会の保証がついた20%のリスクで融資する方が安全であると銀行は考えるのは当然のことでしょう。

 

狭き門であるプロパー融資を受けている企業とは、一体どのような会社なのでしょう?
各銀行によって異なりますが、大まかな傾向を挙げていきます。

 

 

高い返済能力を持っている: まず、確実に返済してもらえると判断した企業にしか融資しません。

 

優秀な返済実績を持っている: 何度か融資を行ったことがあり、すべて問題なく返済を済ませている企業は、銀行にとって大切なお得意様であり優良顧客となっています。

 

自己資本が大きい: 経営者が会社運営で使えるお金が大きいということは、財政が安定していると判断します。

 

担保物件を持っている: 貸出リスクを問題なくカバーできるほどの不動産を持っていれば、銀行も安心して融資を行えます。

 

決算内容のスコアリングが高い: 赤字でないか?回収不能な不良債権はないか?繰り延べ資産がどれくらいかなど細部にわたって調べます。

 

収益性の改善を行っている: 「在庫ロスや過剰な広告費を削減している」「役員報酬の見直しを行っている」「販売単価の引き上げ・見直しを行っている」など、収益向上に努力している企業に対して、銀行は好意的な評価をします。

 

大手企業などブランド力のある企業: 必然的に銀行による格付けの高い企業が多いです。

 

このような評価点を持っている企業に対して、銀行は融資を行っています

 

ポイント7に関して該当しないと思いますが、中小企業であってもこうした条件が揃っていればプロパー融資を受けることができる可能性が高まりますので、検討してみてください。

 

 

地方銀行の取り組み

 

「地方銀行」は地域密着型金融と言え、神奈川の地方銀行も中小企業を支援するとともに、地域経済の活性化に力を入れています

 

神奈川県の地方銀行が行っている取り組みをご紹介します。

 

横浜銀行
  • 神奈川県と連携し「SDGs」推進で中小企業を支援。
  • 専門行員による事業計画策定支援、資金調達のアドバイスの窓口の設置。
  • 中小企業の経営改善・事業再生等を支援。
  • 横須賀市と「横須賀市内中小企業支援に関する協定」を締結し、地方創生、地域経済の活性化への取り組みを行う。
  • 「創業支援デスク」などを設置し創業支援に尽力。

 

神奈川銀行
 
  • 神奈川産業振興センターと連携し、新事業展開の相談を受付け。
  • 「創業・新事業支援融資[挑]チャレンジ」により、将来性のある企業の案件を発掘・育成活動。
  • 公益財団法人横浜企業経営支援財団と提携し、横浜市内で起業を検討している起業家の相談を受付け。
  • 情報交換やビジネスマッチングの場の提供。
  • 地方創生、地域経済の活性化に寄与するために「きぼうファンド」に出資。

 

 

地方銀行にしかない地域密着の心強さがありますので、利便性が高く、都市銀行と比べて融通もききやすい特徴があります。

 

ATMが少なかったり、サービスの規模は決して大きいとは言えませんが、資金調達でお困りの際は地方銀行にも相談してみると良いでしょう。

 

コスト削減について詳しい紹介はこちら
ページの先頭へ戻る