神奈川県の企業にも、資金調達手段にファクタリングが広く使われています。

運転資金を確保するための資金調達でよく利用されているのが「ファクタリング」です。
経済産業省も資金調達手段として推奨している、比較的新しい調達方法になります。

 

ファクタリングの特徴

 

ファクタリングには、「買取型」と「保証型」の2種類のタイプがあります。

 

「買取型」とは、ざっくりと説明しますと、”ファクタリング会社が売掛債権を買取って現金化する”サービスです。
売掛先から売掛金が支払われる期日前に、売掛金に相当する現金(ファクタリング会社に支払う手数料などを引いた額)を受取ることができます。

 

「保証型」は、ファクタリング会社に”売掛債権に保険を掛けてもらう”取引です。
倒産などのおそれがある売掛先と取引する場合に利用されます。
売掛金が回収不能になると貸倒れに陥ってしまう可能性がありますが、保険を掛けておけばファクタリング会社から保証金が支払われますので、最悪の事態を回避することができます。

 

 

ファクタリングが最適な業種

ファクタリングに最適な業種のアパレル業

ファクタリングは「売掛金」に関係した資金調達ですので、売掛先と信用取引を行っている業種に最適なことに間違いありませんが、具体的にはどのような企業に利用されているのでしょうか?

 

仕入れを行ったり、在庫を抱える必要のある様々な業種で広く利用されていますが、中でも「アパレル業」はトレンドにも大きく左右される業種ですので、急に訪れるチャンスのタイミングにも迅速に対応できるファクタリングは利用価値がとても高いようです。

 

また、「建設業界」のように売掛先が複雑で支払いまでに時間を要する業種や、進捗が不安定な事業での運転資金の確保にも活用されています。
神奈川県でも多くの企業がファクタリングによる資金調達を行っています。

 

「運送業」や「製造業」を営む企業が多いことと、繁忙期と閑散期の差の大きい「観光業」が盛んなことが理由になっていると考えられます。

 

 

「2社間」と「3社間」の違いとは?

 

「買取型」ファクタリングを利用する際、「2社間」と「3社間」という2種類のワードを見かけると思います。
この2つは特徴が大きく異なりますので、解説します。

 

2社間

利用者とファクタリング会社の2社による取引きです。売掛先は関わりません
ファクタリング会社に売掛債権を譲渡することにより現金化します。

 

売掛先は事情を知りませんので、通常どおり利用者に売掛金を入金します。
この入金されたお金をファクタリング会社に支払います。
売掛先との関係を保ったまま現金化できますが、ファクタリング会社に支払う手数料が高くなることがデメリットです。

 

3社間

利用者とファクタリング会社だけでなく、売掛先も含めた3社で取引きを行います。
3者合意のもとで、利用者はファクタリング会社に売掛債権を買い取ってもらい、売掛先は売掛金をファクタリング会社に支払うことになります。

 

売掛先との調整が必要になり、関係に悪影響が出るおそれもありますが、安い手数料で現金化することができるメリットがあります。

 

 

 

ファクタリング契約時の注意

 

ファクタリング会社のオフィス

ファクタリングの契約手続きは対面が原則です。
ファクタリング会社のがレンタルオフィスだったり、会社の近くであるにも関わらず喫茶店や貸し会議室での面接を指定された場合はご注意ください

 

一般的な会社は、きちんとオフィスを構え、応接スペースも設けていますが、悪質な会社や信頼性に欠ける会社の場合は、その場しのぎの経営を行っているケースが多く、きちんとしたオフィスを持っていないことがあります。

 

必ず契約内容の説明を受け、契約書の控えは必ずもらう

必ず契約内容の説明をきちんと受け、納得した上で契約してください。
もし専門用語など分からないことがあれば質問しましょう
契約事においては、必ず契約者の人数分の契約書を作成し、各々1通を保有するのが一般的な常識です。
ファクタリング契約にしても同じです。
しかし、悪質な会社は1通しか作成せず、控えを渡さないケースがあります
中身を改ざんできる状態ですので危険です

 

「印紙代を節約するために」「うちでは通常渡していない」などと言って、契約書を作らない場合は、作成を求めるとともに、契約すること自体を見直しましょう。

 

手数料が相場から逸脱していないか

提示された手数料が相場と比較して著しく高い場合は、理由を確認しましょう
また、事前の見積もりより高い場合も必ず指摘するようにしてください。

 

 

ファクタリングは中小企業にとって便利で頼もしい資金調達手段ですが、残念なことに手数料詐欺などを行う悪質な会社もあります。
少しでもおかしいと思ったら、契約締結は控えるようにしましょう。
また、ファクタリングはファクタリング会社にとってもリスクのある取引きです。
そして、契約には司法書士報酬や登記費用などコストもかかります。

 

手数料は支払うべき正当な費用ですので、適正な手数料に対して過剰なクレームをつけるなどを行えば、契約を断られてしまう場合もあります。

 

契約に関わる者全員が納得できる良好な契約を目指しましょう

ページの先頭へ戻る