神奈川ならではのビジネスチャンスとして「圏央道」「観光」が注目されています。

圏央道の開通により、新たな流通拠点に

流通経路となる高速道路

圏央道の開通により、神奈川県・東京都・埼玉県・茨城県が一本の道路で結ばれ、東名高速、関越道、東北自動車ともつながったことにより、全国への流通経路が確立し、日本の物流を変革させました。

 

中でも東名とのアクセスポイントでもある神奈川県は、首都圏を代表する新たな流通拠点としての役割を担うことが期待されています。

 

実際に、厚木や愛川、海老名を中心に企業進出や物流施設開発が急速に増加しており、大手企業も全国物流の新拠点としてロジスティクスセンターやターミナルを次々に設立しています。
今後、神奈川では物流ポテンシャルを活かした事業の急成長が考えられます

 

また、すでに神奈川県で事業を行っていた企業にとっても、事業拡大の鍵が圏央道にあるかもしれません

 

 

観光資源の宝庫-神奈川

 

観光地の横浜中華街

神奈川ならではの魅力と言えば、やはり「観光地」の多さです。

 

箱根の温泉地、芦ノ湖、丹沢、湘南の江の島海岸、鎌倉大仏、三崎のまぐろ、横須賀、横浜にはみなとみらいや中華街、赤レンガ倉庫に山下公園、日産スタジアム…
神奈川県はとにかく観光資源が豊富で、それだけに名産も沢山あります。

 

昨今の健康志向のブームや外国人観光客の増加などで観光地は一層賑わいを見せています。
都心からも近いため、日帰りや一泊旅行でも気軽に楽しめることも人気の理由です。

 

神奈川県に限ったことではありませんが、観光ビジネスが今注目されています。

 

インバウンド(訪日客)増加の影響だけでなく、SNSの普及により、「インスタ映え」するスポット目当ての観光需要も増加しました。これからは、観光ビジネスとITが融合したサービスも注目されていくことでしょう。
健康志向の高まりを受けて「ウェルネストラベル」のニーズが拡大しています。インバウンド獲得のチャンスにも繋がっています。

 

神奈川はこれらのニーズに応えることができ、さらに利便性でも優位な立地にあります。
神奈川ならではのビジネスチャンスがあるはずです。

 

 

イベント事業

 

神奈川県は横浜を中心に、アミューズメント施設やスポーツ会場、ライブ会場やイベントホールも多く、エンターテイメント性がとても高い街です。

 

イベント事業を行うにあたってフレキシブルに動け、交通アクセスの利便性も高いため理想的な土地と言えます。

 

 

国際都市-横浜

 

外国貿易のために開かれた国際都市横浜は、現在でも国際交流が盛んな街です。貿易会社を中心に国際的な事業を行っている会社も多くあります。

 

ちょっとした交流が、大きなビジネスのチャンスに繋がるきっかけになるかもしれません。
海外の知識や語学力に長けていて、ワールドワイドなビジネスに興味のある方は、横浜を中心としたビジネスも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

 

企業に使える助成金を受け取るためについて詳しい紹介はこちら
ページの先頭へ戻る