神奈川県のオフィス家賃相場は安く、開業時の資金調達にもゆとりが持てます。

オフィスで仕事をする社員

会社を経営するにはオフィスが必要になります。オフィスを借りると毎月家賃が掛かり、そのコストにお悩みの経営者も多いと思います。
今回は、「家賃」に焦点をあてたお話をします。

 

神奈川県と東京都心のオフィス賃料相場を比較し、神奈川で会社経営するメリットも解説していきます!

 

 

首都圏主要都市とのオフィス賃料比較

 

神奈川県首都圏主要都市オフィス賃料の相場を比較してみました。
大規模ビルの賃料(坪単価)の平均相場は以下のようになっています。

 

東京都心 約29,000円
東京23区 約26,000円
神奈川県川崎市 約15,000円
神奈川県横浜市 約14,000円
千葉県船橋市 約11,000円
埼玉県さいたま市 約15,000円

(複数の大手不動産サイトで参照したデータを元に独自に集計・計算したものです。あくまで目安としてご参考ください。)

 

やはり東京23区・都心が圧倒的に高いことが分かります。単純に神奈川県の倍近くの賃料がかかると考えても問題ないでしょう。
都心に近い川崎市ですとやや賃料は高くなる傾向ですが、それでも東京都心と比べると断然安いです。

 

事業を東京都心で行わなければならない事情がないならば、都心にこだわる必要はないかもしれません。検討してみましょう。
家賃に大差がないのであれば話は別ですが、これだけコストに差が出るのであれば、川崎や横浜を事業の拠点にするメリットは多いにあるでしょう

 

月々のランニングコストだけでなく、初期コストにも大きな差が出てきます。
初期費用を抑えることによって、無理せず資金調達を行い、ゆとりを持って事業を開始することができます

 

 

 

住宅家賃の比較

 

それでは、住宅家賃の相場はどうなっているのでしょうか?
住宅家賃は、経営者だけでなく従業員の生活にも影響してきます。東京都と神奈川県の人気市区町村の家賃相場(1K・1DK物件)を比較してみました。

 

東京都
新宿区 9.9万円
中野区 8万円
渋谷区 11万円
中央区 11.3万円
港区 12.9万円

 

神奈川県
川崎市中原区 7.2万円
川崎市多摩区 5.7万円
横浜市神奈川区 6.2万円
川崎市川崎区 6.8万円
川崎市高津区 7万円

(複数の大手不動産サイトで参照したデータを元に独自に集計・計算したものです。あくまで目安としてご参考ください。)

 

当たり前ですが…住宅家賃の方も大きな差があります。
川崎市中原区は多摩川を隔てたお隣は田園調布になるので、東京都心へもすぐにアクセスできます。

 

横浜のオフィス賃料

最近では、拠点を神奈川県に移す企業や、ベンチャー企業を中心に神奈川県で起業する会社が増えています
中でも人気なのが、横浜や川崎エリアです。

 

横浜のオフィスの賃料相場をまとめてみました。

横浜駅西口 294,000円
横浜駅東口 238,000円
みなとみらい・桜木町 232,000円
馬車道・日本大通り 236,000円
元町中華街 240,000円
伊勢佐木長者町・石川町 182,000円
新横浜 228,000円
川崎 222,000円

(20坪・共益費込)
(複数の大手不動産サイトで参照したデータを元に独自に集計・計算したものです。あくまで目安としてご参考ください。)

 

神奈川でオフィスを運営するメリット

 

やはり何と言っても家賃のメリットも大きいですが、交通の便の良さも人気の理由になっています。
鉄道の相互乗り入れが充実し、神奈川~東京~埼玉の直結列車が運行されるようになり、利便性が一気に高まりました

ページの先頭へ戻る