資金調達手段として魅力的ですが、個人投資家を名乗る詐欺事件も急増しています。

「新規事業の発足」や「事業拡大」、「起業」を目的とする資金調達が必要な場合は、個人投資家からの出資も検討してみましょう。

 

特に新たに起業する場合は、何の実績もないため金融機関からの融資が難しい傾向にあります。
こうした問題を解決してくれるのが個人投資家、いわえる「エンジェル投資家」です。

 

 

エンジェル投資家はなぜ出資するのか?

個人投資家のメリット

実績のない起業家や、収益が未知数である新規事業や事業拡大に対して、エンジェル投資家はなぜ出資を行うのでしょうか?

 

彼らはお金を捨てるつもりで出資している訳ではありません。事業内容や計画を徹底的に調べ、リスクについても承知しています。
それでも出資を行うということは、投資家にもメリットがあるからなのです。

 

 

税金控除を受けることができる

投資家は、ベンチャー企業に投資することで、「エンジェル税制」と言う優遇措置を受けることができます。

 

これは投資家にとって非常に強力な節税方法で、投資した時点で所得税の優遇を受けることができ、株式の売却時点では、もし売却で損失が発生した場合もその年の株式譲渡益と相殺することができると言う措置を受けます

 

 

資金面のサポートだけでなく、ステータスにも

金融機関とは違い、エンジェル投資家はただ資金を出資するだけでなく、起業家を支援すると言う意味合いが強くあります

 

ビジネスのバックアップを行ったり、時には精神的支柱になって起業家を支えることもあるでしょう。
これは起業家にとってのメリットでもありますが、起業家や経営者から信頼される存在になることは、投資家にとってステータスにもなるのです。

 

 

 

 

個人投資家から融資をうけるためには

 

 

マッチングサイトで投資家を探す

マッチングサイトを利用して投資家を探します。
サイトには、無料で使えるものもありますが、高額な月額料金を払って利用するものもあります

 

クラウドファンディングで出資を募る

クラウドファンディングサイトで、アイデアや計画を公開して、計画に賛同した不特定多数の人から少額ずつ資金を集める方法です。

 

ピッチコンテストに参加する

起業したばかりの企業を対象に行われているビジネスコンテストに参加し、プレゼンテーションを行うことによって投資家からの出資を求めます

 

交流イベントに参加する

各都道府県や区市町村が開催している起業家や中小企業向けのイベントでも、投資家との出会いのチャンスがあるでしょう。
神奈川県でも開催されていますので、ホームページなどでもチェックしてみましょう

 

 

投資家が出資の可否を検討する際、事業計画の内容は当然ですが、出資相手の人間性を重視していている場合が多いです。

 

明確な計画を持ち、投資家の心に伝わるプレゼンをしましょう。
情熱を絶やさず訴えかけることも大切です

 

 

出資を受けるデメリット

 

出資を受けることにより、投資家がとても重要な存在になります。

 

経営にも関わることになりますので、自由な経営はできなくなるとお考えください
たとえ投資家と意見や性格が一致しなくても、我慢をして良好な関係を保っていかなくてはならないのです

 

そして、最も気をつけなくてはならないことは、詐欺です。

 

投資家を装って起業家を騙す詐欺の事例がとても増えているのです。
これまで築きあげた事業計画や、貯めてきた開業資金を、一瞬にしてすべて失ってしまうかもしれません

 

起業家の立場は決して選ばれる側だけにあるのではありません。
投資家を選ぶ側でもあります

 

詐欺に遭ってしまうと、起業や事業拡大どころの話ではなくなってしまいますので、十分に警戒する必要があります。

 

このように、投資を受けるということは、決してメリットだけではありません
確かな資金調達を行いたいのであれば、「ファクタリング」や「事業者向けのローン」を選ぶべきでしょう。

ページの先頭へ戻る