神奈川ではビジネスチャンスのために資金調達を行うケースも増えています。

観光から製造、流通に農業、貿易からサービスまで多種多様なビジネスを実現できる地、それが神奈川です。
このサイトでは、神奈川で会社経営をされている社長さんや、起業を考えている皆様に役立つ情報を発信していきます。

 

調達した資金が入った袋

 

中小企業経営者の悩みとして多く聞かれるのは、やはり「資金調達」に関することです。

 

「どうしたら資金を調達できるの?」
「うちみたいな会社でも調達できるの?」
「一番お得な方法って何?」

 

毎日のようにこのようなご相談を受け、お応えして参りました。
経営者は、常にこうした課題を抱えながら責任を背負っている存在なのです。
会社経営に必要不可欠な「資金調達」に関することを中心に、経営者の悩みを解決する方法をご紹介していければと思います。

 

神奈川ならではの成長戦略

 

会社を成長させる戦略をたてる

1980年代から進められている都市計画「横浜みなとみらい21」の街づくりは最終段階に入りつつありますが、新たな展示場の建設も計画されており、今後も成長していくことが予想されています。
横浜市が制定した「企業立地促進条例」の影響もあり、多くの企業が立地しビジネスの大きな拠点としても重要な場所になっています。
就業人口も年々増加していますが、人気の観光地としても定着し、年間8,000万人を超える観光客が訪れます。
人が集まり、成長を続け、注目される都市には、ビジネスのチャンスも多くあるものです。

 

また、圏央道の開通によって、中部を中心に企業進出や物流施設開発が進んでいます。
今後、首都圏の新たな流通拠点の担い手として期待されています。

 

新たなものだけでなく、かつてからある神奈川ならではの観光や産業も成長していきます。
箱根の温泉地や湘南の海岸、鎌倉大仏など、神奈川県はとにかく観光資源が豊富です。昨今の健康志向のブームや外国人観光客の増加などで賑わいをみせております。観光事業にも多くのチャンスはあるでしょう。

 

圏央道の開通と新たな流通拠点について詳しい紹介はこちら

 

黒字企業でも資金調達は不可欠

 

多くの経営者が会社を回していくために「資金調達」を行っています。
国税庁の調査資料によると、2016年の赤字企業の割合は63.5%となっています。7年連続で減少傾向にあるとのことですが、依然として多くの企業が赤字で経営しているのです。

 

 

また、赤字企業だけが資金の調達を必要としているのではありません。
黒字企業でも常に財務部が資金の状況を調査し、資金調達を行っています。
順調に利益を上げ、黒字で経営をしているにも関わらず、調達がうまくいかなかったことにより「黒字倒産」に陥ってしまったケースは少なくありません。

 

赤字と黒字の場合では直面する状況は異なりますが、会社を経営していくには「資金調達」が必要不可欠なのです。
資金繰りにお悩みなのは、あなたの会社だけではありません。

 

 

 

資金調達の目的その1
運転資金の確保

 

資金調達を行う理由で最も多いのが「運転資金の確保」のためによるものです。
様々な原因で「つなぎ資金」を確保できず、仕入れや営業がストップしてしまう危機的状況で求められるケースなど、資金難の状態を回避する目的や、一時的な運転資金の確保で利用されます。
製造業や建設業を営む企業が多い神奈川県でも、ニーズが高い傾向にあります。
目的と特徴とマッチしている「ファクタリング」や「銀行融資」による調達がよく使われています。

 

 

資金調達の目的その2
事業拡大

 

新店舗を開店させたり、新規事業を立ち上げるために必要な資金を確保するために実行されます。
また、会社が成長し、事業の増加に合わせて会社の引っ越しや、移転する場合も資金が必要になります。
莫大なお金が掛かることが多く、しっかりとした事業計画のもと、資金調達や事業の実行を行います。
大手企業でしたら「銀行融資」による調達が多いですが、中小企業の場合は審査や条件が厳しい傾向にあります。
「助成金」や個人投資家による投資も選択肢に入れてみましょう。

 

企業に使える助成金を受け取るためについて詳しい紹介はこちら

 

資金調達の目的その3
繁忙期やビジネスチャンスのため

 

どんなビジネスにも多かれ少なかれ繁忙期と閑散期があります。かきいれ時である繁忙期は、たくさんの商品を販売して大きな利益をうみだすチャンスです。
そんな繁忙期に、資金が足りないという理由で商品の増産が行えないと、会社にとっては深刻なダメージになります。
また、時期とは関係なく、突然トレンドの波がやってくることもあります。
こうしたビジネスチャンスを、資金がないために見過ごさざるを得ないのは、経営者としてはとても歯痒いことでしょう。資金を調達せずにチャンスを逃すことは得策ではありません
こうした目的の資金調達は、確実に利益を得るための行動と言え、国際都市横浜を中心にトレンドに敏感な神奈川県でも需要が高まっています。
方法としては、事業者向けのローンや「ファクタリング」が選ばれることが多いです。仕入先との交渉も有効な場合があります。

 

多くの事業者に選ばれるファクタリング会社はこちら

 

資金調達する前に出来ること

 

資金調達のために考える人

「数字をしっかり把握できていますか」「コストがかかりすぎていませんか?」
今一度、経営者がやるべきこと、会社でできることを見直してみましょう。
また、資金調達についての知識を高めておくことは、好条件で融資を受けることにもつながります。
専門家に相談する場合でも、あまりに知識が乏しいのでは、有意義な相談はできないでしょう。

 

お得な「資金調達」の方法だけでなく、経営にまつわる数字やコストの管理法などもご紹介していきますので、お役立てください。

 

 

ビジネスの可能性が高い街-神奈川

 

神奈川でしかできないビジネスの可能性が多くあります。
ベンチャー企業だけでなく、最近は大手企業も新拠点を立地したりなど、続々と神奈川に進出しています。
同じ県内でも地域ごとで大きく特色が異なることも、特徴であり魅力のひとつです。
すでに会社経営をされている社長さんだけでなく、神奈川で起業を考えている方も知っておきたい必見の情報をお送りしていきます!

ページの先頭へ戻る